連絡通路

この道はどこへ繋がっているのか

見るべきは

向き合うべき、注目すべきは
同僚の声や行動ではなく
お客さんや見込み客、取得すべき知識。